日本プロゴルフ選手権にて帯同キャディ。

 平成17年5月12日(木)〜15日(日)熊本県玉名カントリークラブで開催された第72回日本プロゴルフ選手権大会で、当九州ゴルフ専門学校の学生が、帯同キャディとして15名参加しました。(本校卒業生も5名程参加) 火曜日の朝一番にコースに入り、火曜日、水曜日の練習ラウンドからそれぞれのプロに付き添い、いよいよ本番を迎えました。
 日本トップレベルのプロ達が集い競う中、プロがプレーに集中できるよう帯同キャディとしてできる事を精一杯こなし、これまでにない貴重な体験と勉強をし、今後の自分のゴルフに大いに役立つことでしょう。本校での ラウンド実習、キャディ実習等での経験をいかし、是非頑張って欲しいと思います。
プロと共にティーグランドに立ち、ギャラリーに囲まれる中、緊張の一瞬を迎えます。
右写真は、2年生の『佃』さん。
つちかって来た知識を最大限生かし、全力でサポートしていきます。
写真は、2年生の『中島』さん。
卒業生も帯同キャディとして各々参加
写真右は『木村』君。 写真左は『村上』君。
朝の打撃練習からプロの側に付き添います。
左は2年生の『白崎』君。右は専攻生の『堀』君。
パッティング練習の際は、常にプロのラインをチェック。出来る限りのサポートをします。
スタート前のクラブチェック
プロが契約メーカーのクラブを使用しているか、クラブの溝は適正か、また高反発クラブではないかなど、スタート前にすべてのプロがチェックを受けます。
日本プロ観戦
帯同キャディに出ている学生の応援も兼ね、在校生も日本プロ選手権の観戦に行きました。
朝一番にコースに到着。憧れのプロを見に行く学生、練習場でショットやスイングの研究をする学生など、
見たいものすべてを見て回りました。
サポートカーの見学
通常では見ることはできませんが、今回特別に許可を頂き中を見させて頂きました。
このサポートカーでは、契約プロたちがクラブのメンテナンスや微調整をすることができます。